さめため

~something entertaining~ ビジネス・起業・書評・子育て・旅行・スポーツなどをテーマに『なんかおもしろいこと』を発信していきます

お笑い 芸能ニュース

大倉士門、さんまさんを怒らせる?大学はどこ?彼女はいるの?

投稿日:2016年2月19日 更新日:


大倉士門さんは最近男性向けファッション誌などで活躍しているイケメンのモデルさんですが、最近は雑誌だけでなくテレビにもよく出演されているのを見かけるようになりましたね。
そんな大倉士門さんの素顔に迫ってみたいと思います。

大倉士門さんってどんな人?大学はどこ?

4ZFj6LpF
1993年生まれ3月16日生まれ(21歳)、出身地京都府、血液型A型、身長174CM、事務所はエイジアプロモーション。
俳優の福士蒼汰さんや神木隆之介さんなどと同じ生まれ年そうだそうです。
エイジアプロモーションは益若つばささんなどが所属する事務所でタレント業としてテレビ出演もやりやすそうな環境ですね。
日本大学法学部に2015年3月時点では在籍しているようです。
今現在在籍しているのかは確認が取れませんでした。

さんまさんを怒らせる?

a64bbc2a8d7495eedd1df449b9cc1667
踊るさんま御殿『話題の人気女優大集合&見る目のない女涙祭』とタイトルのつけられたこの回、『話題の人SP』のゲストとして登場した大倉士門さんは、のっけから「オレ、さんちゃんに会うの夢やったんですよ」「もう親戚一同、さんちゃん大好きで」と、MCの明石家さんまさんに対する独特な思い入れを語っていたが、彼が親しげに「さんちゃん」と呼ぶことに対して、明石家さんまさんからは早速「さんちゃんてやめて!」というダメ出しが。しかしその後も大倉士門さんは「さんちゃんが出てるテレビは絶対観る」などと、「さんちゃん」という呼び名を改めなかったことから、最後には「お前、芸歴何年やったっけ?オレ、42年。さんちゃんはないやろう?」と、なんとも重い感じのダメ出しをされることになってしまいました。
前列でヒヤヒヤしながら聞いていた女優・松岡茉優さんからも「ずっと上でさんちゃんさんちゃん言われると私が冷や汗かくんですよ。
ここの間に挟まれてるわけじゃないですか。私がやめてくれって冷や汗をかく」と、コメントをしています。

彼女はいるの?

okura5
「popteen」のモデル松本愛さん(まあぴぴ)さんと交際していたという情報をつかみましたが破局しているようです。
しかも、松本愛さん(まあぴぴ)さんの浮気が原因ではないかと噂されています。
今現在はいない、ということですが真実は分かりませんね。

そんな踊るさんま御殿でも明石家さんまさんをさんちゃんと呼んでしまうゆとりぶりや独特の持ってる雰囲気がネットでは賛否両論な彼ですが、これからもテレビなどに出演して人気が増すことと思いますが、彼のルックスだけではなくキャラクターでも人気や話題を集めそうな大倉士門さんですね。



にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ にほんブログ村

ad

ad

-お笑い, 芸能ニュース
-, , ,

執筆者:

関連記事

池田エライザがかわいい!学校ではいじめに?彼氏はいるの?

自撮りの神と称される池田エライザさん。可愛いと一躍有名ですがどんな人なのかあまり知られていませんね。 私もネットで知るまでは知りませんでした。 そんな彼女のプライベートな情報や素顔に迫ってみたいと思い …

サカナクション山口一郎、右耳聞こえない?彼女は吉高由里子だった?

最近は「バクマン」の主題曲や音楽も担当するなどますます大活躍のサカナクションの山口一郎さん。 その山口さんが先日、数年前に突発性難聴になり現在も右耳が聞こえない状態だと明かしました。 急にめまいと耳鳴 …

津川雅彦ドラマ化された麻雀漫画「アカギ」の鷲巣巌役がハマりすぎ!

ネットでハマり役だと大騒ぎ BSスカパー!で7月17日から放映予定の「アカギ」。 このアカギの宿敵鷲巣を大ベテラン津川雅彦さんがやることになり、ネットでは「ハマりすぎ!」「この番組だけは見たい」「鷲巣 …

具志堅用高、殿堂入りで英語スピーチ。その強さは本物だった!

具志堅さん「国際ボクシング殿堂」に殿堂入り! 2015年6月14日、具志堅さんが国際ボクシング殿堂に殿堂入りしました。 テレビでは天然ボケをかましている具志堅さん。彼がボクサーだったということは知って …

栗城史多、エベレスト登頂断念。以前の指の凍傷は嘘?

栗城さんは2012年10月に4度目の挑戦を行ったが、8070メートル地点で強風のため登頂を断念。 下山途中に両手、両足、鼻が重度の凍傷となり、両手の指9本を失った。 リハビリとトレーニングを続け昨年、 …

ad

カテゴリー

ご紹介

子連れハワイ旅行のWEBマガジン
Hawaiily(ハワイリー)